いじめられたこと、ありますか?

高の自分を引き出す!
ルーコンシャスの森川祐子です。


12月も中旬となり、
いよいよ今年の終わりが見えてきましたね。
寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。


ちょうど先週いっぱい
「人権週間」ということもあってか
ハラスメント研修が続いていました。


人は誰でも対等にあるべきであり
どのような理由があっても、
それは損なわれるものではありません。


人権を守る、頭では理解していたとしても
意外に自分ごととして落とし込めている人は
少ないのではないかと思います。


あなたはハラスメントを受けたことがありますか?
と聞かれたら、多くの人は『NO』と言うかもしれません。


では質問を変えて
あなたはいじめられたこと、ありますか?


こちらの質問はどうでしょう?
もし『YES』と答えた方にとって
程度はさまざまかと思いますが
とてもつらいものですね。

 

私もいじめられていたことがあります。

記憶にあるところでは
幼稚園の年少組の時、同じクラスの◯◯ちゃん。
小学校に入ってからは、低学年の時は◯◯君、
3,4年生の時は◯◯君。
中学1年の時は◯◯先輩。
OL時代の◯◯さん・・・


忘れることなく、しっかり覚えているものですね。


「なぜいじめられていたのか?」と聞かれたとしても
私としては想像するしかありませんが

きっと
「気に入らない」がダントツ理由の1位だと思います。
何かしらの言動が、彼らの琴線に触れるのでしょうね。


かといって、面と向かって
議論するわけもなく、
ず〜っともやもやしたままです。


さて、この時に思うことが
「私が相手の気に障ることを言った(行動した)」からなのかな…
「だから、こういう扱いをされても仕方がないのかな」
という気持ちになること。


当たり前ですが、当時は
ハラスメントなんて言葉もなく
行為者にもいじめをしていると
いう意識はなかったと思います。

 

ということは、今も職場で行われている
ちょっとした嫌がらせなどは
双方、ハラスメントをしている(受けている)
という意識もないのかもしれません。


残念ながら、子ども時代からOL時代まで
受けたいじめは、こちらの行動や振る舞いを変えたからといって
改善されたことは一度もありません。


つまりこちらが、相手の機嫌をとろうだとか
仲よくしようとする行動は
あまり効果的ではありません。


恐らく、言動(行動、言葉がけ、立ち居振る舞い)が
どうこうではなく、
存在そのものが気に入らないのですから。

今は自己分析をして
気に入らない要因について少しはわかるようになりましたが

 

それでもイライラしたり、気に食わないと思うのは
あくまで相手の問題です。

私の言動に対して、そのように感じる人もいれば
思わない人もいるわけですから。


*もし、これが何かの誤解が要因であれば
誤解を解けば、解決ということになるかもしれませんね。


もちろん日頃から、自らの意図したとおりに
伝える力=コミュニケーション力を向上させて
おくということは、もちろんプラスには働きます。

 

しかし、それが「いじめ」の解決ということに関しては
本質ではないように思います。


となると、どうすればいいのでしょうか?

 

それは・・・
一人で抱えないこと!

 

だと私は思います。
周囲は気付いていても、いなくても、
本人が
アクションを起こさないうちには
干渉してこないケースが多いです。


だからこそ「私、今困っている」ということを
周囲の人に相談してみることです。


職場の人や、それ以外の人でも

親や兄弟、パートナーや恋人・・・
(こういうことって相談できる人も限られているので
誰でもいい、というわけではないと思いますが)


まずは、声を挙げてみることからスタートです。

もちろん、声を挙げることも勇気がいると思います。


それこそ、心配や迷惑かけたくない気持ちだったり

自分がそういう扱いになっていることを
知られたくないだったり
職場だと評価が下がるかもしれない・・・とか。


そういった心のもやもやをちょっと置いておいて

声を挙げてみて下さい!
声を挙げていくことで事態が変わるかもしれません☆

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。

メンタルトレーナー
森川祐子

にほんブログ村 経営ブログ 経営支援へにほんブログ村
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-16-43-05

メンタルヘルス研修を見直したい!うちの会社でも実施してみたい!

研修を見直したいと思ったら
詳しくはこちらのページもご覧ください