自分の現実は自分が引き寄せる

高の自分を引き出す!
ンタルトレーナーの森川祐子です。

 

ある方とお話をしていて
人というのは自分のありように合わせた
人が集まるというのは本当にそうだな、と思いました。

 

その方は以前シングルマザーだったこともあり
シングルマザーの方向けのセミナーなどに
かかわることが度々あったそうです。

 

どんなセミナーもそうですが
いろんな考えや価値観の人が集まりますね。

 

そんな時「シングルマザーって偏見の目で見られて苦労しますよね」
彼女にはそのような経験はなかったので想像できなくはないけれど、
苦労している人もいるんだな〜。
相談を受けた彼女は
周りから応援されることはあっても、偏見の目で見られたり
苦労したということは一度もなかったそうです。

 

もちろん、もしかしたらそのような目にあっていても彼女は気づかなかっただけかも、という可能性はあります。
が、私たちは自分がいる現実を自分が見たいように見るし
捉えたいように捉えるものなのです。

 

『世の中の人は冷たくて、私の足を引っ張ろうとする』と
思う人は、他人のちょっとした態度を見るにつけ
『ほらね!やっぱり世の中の人は冷たいんだ!』と確認するでしょう。

 

『世の中の人は優しくて、いつでも手を差し伸べてくれる』と
思う人は、他人の言動に対して『感謝』を感じることなんでしょうね。

 

では、
この差はなぜ生まれるのでしょうか。

 

子ども時代に親から言われた言葉や態度
成長過程での経験とその刷り込みによって
私たちは、確認し、学習していきます。

 

他人に隙を見せたら足元をすくわれる・・・と思うようなら
そのことを強化する出来事が、ますます自分の中の信念を
強めていくことでしょうね。

 

そして自分が思っている世界は現実であり
目の前に広がる現実がリアリティを持って
ますます信念を強めていくのですね。

 

ある意味、自分の考えや価値観は
日常生活においてとても無意識で、意識する機会は少ないのかもしれません。

 

けれど、もし今の自分の現実が辛くて、苦しくて
どうしようもない・・・と思うなら
自分のことを見てあげる時間が必要なのかもしれませんね。

 

誰もが自分の人生が「ありたいよう」に変えることはできます。
セルフイメージを上げるとか
言う人もいるように、可能なことなのです。

 

まずは「こうなりたい!」と思う自分の姿を思い描いて(イメージして)みてください。
そこからが第一歩となると考えます。

 

ただなかなか今までの自分から変わることが難しいと感じる人が多いのも確か。
そう言う時は人の手を借りるといいですよ。
私も、やっぱり一人で悶々としていた時には、メンターをお願いしていました。

 

トライアルセッションのご案内

今、目の前にある悩みや問題を解決しませんか?

・新しいことを始めたい、or ヤメたいけどヤメられない、
 なかなか決断ができずにずっと抱えた問題がある。

・いつも不安に苛(さいな)まれていて頭から離れない
・自信が持てずにいる
・本当にやりたいことかどうかわからない 等

一度あなたの中にあるものを整理してみませんか。

物事を捉える視点(抽象度)の高さが変えられるようになることで、ネガティブな感情にとらわれにくくなります。

対面/スカイプにてセッションをお受けしています。